一戸建て、マンションの防犯対策【防犯対策110番】

鍵の緊急隊が選ばれる3つの理由

料金量

住宅の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
玄関の鍵開け 縦ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
防犯シリンダー・特殊開錠 13,000円~
破壊開錠 15,000円~
室内の鍵開け(トイレ・お風呂場など) 鍵穴がある場合 8,000円~
鍵穴がない場合 8,000円~
破壊開錠 15,000円~

自動車の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
自動車の鍵開け 縦ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
ハイセキュリティー 15,000円~
特殊キー(内溝/外溝/ウェーブ) 15,000円~

バイクの鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
バイクの鍵開け バイクメットイン 8,000円~
バイクシャッターキー 8,000円~

金庫の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
金庫の鍵がない(鍵開け) 家庭用金庫 8,000円~
業務用金庫 12,000円~
破壊開錠 15,000円~
金庫のダイヤル(暗証番号)が分からない 家庭用金庫3枚座の場合 8,000円~
家庭用金庫4枚座の場合 15,000円~
業務用金庫 34,000円~
破壊開錠 15,000円~
鍵の交換(シリンダー錠) ギザギザキー(普通の鍵) 15,000円~
防犯向上シリンダー(泥棒対策) 22,000円~
特殊錠(装飾錠前など) 34,000円~
金庫ダイヤル 暗証番号の変更 12,000円~
金庫ダイヤルの交換 49,000円~

店舗・事務所の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
店舗の鍵開け ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
防犯シリンダー・特殊開錠 13,000円~
破壊開錠 15,000円~
事務機器 ロッカー/机/たんすの鍵開け 8,000円~
1本もない鍵の製作 15,000円~
室内の鍵開け(トイレ・お風呂場など) 鍵穴がある場合 8,000円~
鍵穴がない場合 8,000円~
破壊開錠 15,000円~

一戸建て、マンションの防犯対策【防犯対策110番】

一戸建て、マンションの防犯対策【防犯対策110番】
泥棒の意外なターゲット
「公園の近くにある家」
公園の近くにある家は侵入窃盗犯に狙われやすい危険なスポットなのです。侵入窃盗犯は目についた家に気紛れに入るのではなく、犯行に移る前に必ず下見をします。公園は親子、カップル、高齢者など、不特定多数の人が利用し、その利用方法も様々です。このように、誰が何をしていても不自然に見えない場所は侵入窃盗犯の下見に絶好の場所になります。コンビニやファミレスからよく見える家や、駐車場や病院も、下見に利用されやすい場所です。
侵入犯罪者は顔を見られたり、声をかけられると犯行を諦めるといいます。こちらから散歩のふりをして声をかけてみるのも犯行防止になります。

「線路沿いに建つ家」
住宅への侵入窃盗犯罪で、最も多い侵入口は「窓」です。犯行時には「ガシャン」といった破壊音が伴います。線路沿いでは、この破壊音がいとも簡単にかきけされてしまうため、不審な音に気づかないのです。されらに、駅が近かれば犯行後にすぐに電車に乗ることができるため、逃げやすく、幹線道路沿いや高速道路のインターチェンジに近ければ、犯行後には短時間で他府県まで逃げられてしまいます。侵入犯が嫌がる目立つ防犯対策と、簡単に侵入できない開口部の防犯対策が必要です。

「二世帯住宅」
二世帯住宅の危険性は、家族が増えることで芽生える心理的な安心感が、防犯対策を手薄にしてしまうというところにあります。実際に物音をたてたのは忍び込み犯だったとしても、家族の誰かが帰宅したのだろうと思う事が多く、不信感を抱きません。なお、二世帯住宅の侵入犯罪では顔見知りによる侵入犯罪が少なくありません。近隣の住人は家族構成やライフスタイルをよく知っているので、犯行を起こしやすいのです。家族が増えたからと言って、音に鈍感になってはいけません。些細な物音にも反応し、世帯同士の内線電話で連絡をし合うのも良い解決方法です。

「子供用自転車に名前」
子供の自転車に名前や住所、電話番号まで書いてしまうと、子供を狙った犯罪者に「子供への声かけ」をしやすくしてしまうことになります。誘拐犯、窃盗犯、強盗犯がこの個人情報を見て、家庭を狙うかもしれません。自転車には、名前を書くのではなく、ワイヤーロックで固定されたものといっしょに施錠を徹底する必要があります。さらに防犯登録し、保険に加入すると尚よしです。

「ぬいぐるみのある子供部屋」
家の外から「子供部屋である」ことがわかってしまうような状況は、非常に危険です。子供が一人でいる時間や、深夜で静まった時間を狙ってそっと侵入し、犯行に及ぶのです。子供を抱きかかえて楯にし、親を脅して多額の金品を奪うといった凶悪な事件が起きているのです。ぬいぐるみやファンシーな小物は、外から見えない場所へ移動し、子供部屋の戸締まりは玄関同様に神経を遣い、徹底する必要があります。

泥棒が多発する場所

「有名な神社、仏閣が半径2キロメートル以内にある」
有名な神社、仏閣はたくさんの人が色々な場所から集まるため、知らない人や知らない車、他ナンバーや「わ」ナンバーが多くいても誰も怪しんだりしません。犯罪者は、不特定多数が訪れる事ができる有名な神社・仏閣を隠れ蓑にして空き巣や強盗を働きます。

「新しいマンションやアパートがあると危ない」
古くから住んでいる周辺の住民は、マンションやアパートが一棟建っただけで、見かけない車が停まっていても不審に思わなくなり、防犯の意識が鈍てくる。地域のコミュニティができていない所では、犯罪の下見がしやすくなるので犯罪が起きやすくなります。

「新興住宅地は危険がいっぱい」
新興住宅地は昼間の人口密度が低い傾向にあります。そのため、その時間帯を狙った空き巣犯罪が発生する確率が高くなります。大抵はスーツにネクタイ姿でセールスマンを装い、誰にも怪しまれずそっと作業を完了します。お互いに無関心で干渉しあわない傾向のある新興住宅地は犯罪が起こりやすいです。積極的に地域住民との交流をもち、できるなら街ぐるみで防犯に取り組むことがベストです。

「自宅の近くに自動販売機」
自動販売機には、当然色々な人が立ち寄ります。そのため不特定多数の人を引き寄せるのです。自動販売機の近隣に住む人は、ジュースなどが出てくる音、立ち寄る車の音や話し声などが生活音と混ざり、そういった音に鈍感になってしまいます。自動精米機が近くにある家も同じです。自動販売機や精米機が敷地内にある場合は撤去を検討し、どうしても動かせない場合は、防犯カメラや赤外線センサーなどで、侵入犯罪者が嫌がる防犯対策が効果的です。

「すぐ近くに商店街がある」
メインストリートから1、2本奥に入った通りに居を構えるのは、防犯の観点からは危険です。侵入犯は一般市民のごとく目立たない姿でやってきて、商店街から少し入った路地にさりげなく入ります。犯行後、人ごみに紛れ、人の視線をうまくさけることができる商店街は、狙われやすい危険なところです。商店街から徒歩圏内に住んでいるなら、一目でそれとわかる、犯罪者を威嚇するような目立つ防犯対策を施し、決して寄せ付けない工夫が必要です。

「角地に立つ家は狙われやすい」
一辺しか道路と接していない家に比べると角地に立つ家は、犯罪者が外から下見できる場所が多いため、侵入も逃走もしやすいのです。外から一目でわかる徹底した防犯対策を施し、犯罪者に入りにくい家であることを強烈にアピールする必要があります。

泥棒がねらう一戸建て

「敷地内にオープンガレージがある」
ガレージに車がなくて空っぽの状態は家の人が留守である可能性が高いという情報を与えていることになります。車はそれ自体が情報になり、高級車であったら経済的に余裕のある家ということを公開していることと同じです。危険な目に遭わないためには高級車であることを隠しておくのがいいでしょう。車をガレージから出した後、ガレージの中央に男物の自転車を1台置いておくことで、車で出かけた人もいるが男性が最低一人は家に居るかもしれないという印象を与え、犯罪を防止することができます。

「芝生、高い堀や植木がある家」
高い堀や植え込みが外からの視線を遮ってしまい、犯罪者にとっては有り難い環境になってしまいます。程よくプライバシーが守られる堀の高さは、1、2〜1、4mです。歩くたびに音がする砂利は侵入犯にとって不都合です。芝生は足音がしないため、防犯上は好ましくありません。また、よく手入れされている庭であれば、お金に余裕があるという印象を与え、雑草が生え放題だと、だらしがないという点で目立ってしまします。庭は美しすぎても荒れすぎていても目をつけられます。歩くたびに音がする砂利が防犯対策にはいいでしょう。

「受験生がいる家庭は泥棒のターゲット」
真夜中に家の中に泥棒が入って音がしたとします。家族は「○○ちゃんがトイレに行ったのね、遅くまで勉強しているんだ」と不審に思いません。一方娘さんは「お母さんがまだ起きているんだ」と勘違いします。日頃の防犯対策はもちろん、自宅に受験生がいることを悟られない工夫をオススメします。

「玄関インターホンが押し込み強盗を招く」
インターホンで住人を玄関まで呼び出し、住人がドアを開けた瞬間に家の中に押し入り、現金を盗るという手口の押し込み強盗事件が多発しています。こういった事件を防ぐために、玄関ドア脇のインターホンは門扉の脇に取り付け直してください。玄関が道路に直接面している家であれば、ドアチェーンやドアガード越しの対応を徹底して、きちんと相手を確認しましょう。

「使っていない部屋の窓、網入りガラスは侵入されやすい」
裏の窓は表から死角になるので、狙われやすい。外から見てそこが空き部屋だと気づかせない配慮が必要です。網入りガラスは、割れた場合に破片が飛散しないためのガラスであり、防犯用ではありません。頑丈な補助錠の取り付けをし、できれば防犯効果の高いガラスにするのがオススメです。

「セキュリティシステムだけに依存していても防犯対策はできない」
セキュリティシステムに加入したからと安心してしまい、日頃の防犯意識を持たないままの人がいます。会社の防犯対策というのは、ほとんどが窓や扉の開口部と室内の異常を感知するシステムです。窓や扉が閉まっていることが前提なので、開けっ放しであれば侵入者が入っても感知しません。警備会社のシステムではまかないきれない所は、自分で防犯対策を施してください。

「番犬の放し飼いは泥棒のターゲットに」
番犬が侵入者に対し吠えてくれたところで、家人が気づいて行動を起こさなければ、全く用をなしません。侵入犯は入念な下見をするので、犬がいる事は百も承知なのです。番犬は外から餌付けができない場所でつないで飼わなければいけません。必要以上に吠えない訓練も必要です。番犬の最初の一吠えに反応しましょう。

「補助錠とルーバー窓にはご注意」
窓に補助錠をつけている家が以前より増えましたが、不適切なタイプをつけているケースが多いです。無いに等しい、性能の悪い補助錠は、役に立てないだけでなく、取り付けられたことで安心感が生まれてしまい、防犯対策になりません。サッシと一体型の面格子を取り付けたり、破られた時に作動するアラームを付けたり、赤外線センサーを設置したりすることをオススメします。最近では、「CPマーク付製品」といったパールなどで破壊活動をしても5分では壊れない事が検査で立証された製品があります。若干高価ではありますが、盗まれる物の大きさを考えれば積極的に導入すべきです。

「防犯カメラの取り付け方が間違っている?!」
防犯カメラの設置によって貴重な物を持っている裕福な家だと判断する犯罪者もいます。設置しただけで安心してはいけません。防犯カメラの設置は、予知防犯対策の知識をしっかり持っている業者に依頼するのがベストです。正しく取り付けることが重要なのです。

泥棒がねらうマンション

「オートロックでも、抜け道はたくさん」
オートロック式のマンションだからという気のゆるみから、習慣的に無施錠となっている世帯が「居空き」や「忍び込み」に遭い、強盗事件までに発展するケースは多いのです。オートロック式のマンションでも、出てくる人とすれ違いに入ったり、後に続いて入ったりすることは容易です。また、侵入犯は、管理人の常駐時間外や、退席した一瞬を狙ってきます。各世帯で施錠の徹底をしっかりしてください。

「マンションの最上階、1F、2F、3Fは狙われやすい。」
マンションの最上階は、屋上からロープを下ろしてベランダへ下り、簡単に侵入することができるのです。非常階段から屋上へ上がれるマンションや、隣の建物から容易に飛び移れるマンションもあります。また部屋から夜景がよく見えるとしたら、それは他人からもあなたの住まいがよく見えるということです。不審者がベランダに侵入すると明るくなったりアラームがなったりするセンサーを取り付けるといいでしょう。最上階と同じくくらいリスクが高いのは、1階と2階と3階です。犯罪者に生活をのぞかれない、留守であることを悟られない工夫をしっかりとしましょう。

「洗濯物が泥棒を呼び寄せている」
洗濯物も立派な情報源です。夜になっても洗濯物が干しっぱなしになっている家は、留守だという情報を公開していることになります。洗濯物は干しっぱなしにしないで、日暮れ前に取り込む習慣を徹底してください。留守がちな家は洗濯物だけでなく部屋の灯りにも配慮が必要です。

「引っ越しの挨拶を装って強盗がやってくる」
マンションでは見かけない人がいても不思議に思わないので、マンション内に侵入した犯罪者にとっては動きやすい環境になっています。引っ越しの挨拶を装って訪ねてくる犯罪者もいるので、絶対に安心な相手かどうか、開ける前にしっかり確認してください。来客にドアチェーンやドアガードしたまま対応することを家族全員に徹底することが重要です。

お子様の防犯対策

子供が狙われる犯罪が多発しています。子供を守るには、犯行手口を知る事も大切です。ワイドショーや新聞の三面記事を漠然と眺めるのではなく、事件の概要を詳しく知り、何が原因だったのか、防ぐことはできなかったのかと、自分のことのように考える癖をつけてください。
犯罪者の声かけは巧妙です。子供には、 「甘い言葉にのらない」「顔見知りの人に名前を呼ばれても気を許さない」ことをしっかり教えてください。

 防犯対策として、防犯ブザーを持たせている方も多くいるかと思います。ただ持ち歩くだけでなく、正しい使い方で使えるようにいざというときの練習をしてみるのもいいでしょう。防犯意識をもち、自分の行動に気をつけさせることが何より大切です。

 子供の通学路には危ない所も潜んでいるかもしれません。一緒に歩いて、危険なところは一緒に確認しなければなりません。「こども110番」のお宅にも、子供と一緒に訪問しましょう。また最近では、子供たちはネット上で性犯罪者から狙われています。出会い系サイトのような怪しいサイトのつながりから、事件に巻き込まれるという例が多発しています。親はそのようなサイトの危険性を子供に教え、携帯電話の使い方について、きちんとルールを決めて守らせるべきです。

 どういった場合にも、子供とのコミュニケーションを充分にはかり、ふだんから子供の様子には充分に注意してください。少しでもふだんと違う様子が違うと思ったら、いつもより優しく聞くとかふだん優しすぎるなら、厳しく問いただすなど、知恵も必要です。