泥棒の3つの手口【防犯対策110番】

鍵の緊急隊が選ばれる3つの理由

料金量

住宅の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
玄関の鍵開け 縦ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
防犯シリンダー・特殊開錠 13,000円~
破壊開錠 15,000円~
室内の鍵開け(トイレ・お風呂場など) 鍵穴がある場合 8,000円~
鍵穴がない場合 8,000円~
破壊開錠 15,000円~

自動車の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
自動車の鍵開け 縦ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
ハイセキュリティー 15,000円~
特殊キー(内溝/外溝/ウェーブ) 15,000円~

バイクの鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
バイクの鍵開け バイクメットイン 8,000円~
バイクシャッターキー 8,000円~

金庫の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
金庫の鍵がない(鍵開け) 家庭用金庫 8,000円~
業務用金庫 12,000円~
破壊開錠 15,000円~
金庫のダイヤル(暗証番号)が分からない 家庭用金庫3枚座の場合 8,000円~
家庭用金庫4枚座の場合 15,000円~
業務用金庫 34,000円~
破壊開錠 15,000円~
鍵の交換(シリンダー錠) ギザギザキー(普通の鍵) 15,000円~
防犯向上シリンダー(泥棒対策) 22,000円~
特殊錠(装飾錠前など) 34,000円~
金庫ダイヤル 暗証番号の変更 12,000円~
金庫ダイヤルの交換 49,000円~

店舗・事務所の鍵料金

作業箇所 作業内容 作業料金(税抜き)
店舗の鍵開け ギザギザキー(普通の鍵) 8,000円~
防犯シリンダー・特殊開錠 13,000円~
破壊開錠 15,000円~
事務機器 ロッカー/机/たんすの鍵開け 8,000円~
1本もない鍵の製作 15,000円~
室内の鍵開け(トイレ・お風呂場など) 鍵穴がある場合 8,000円~
鍵穴がない場合 8,000円~
破壊開錠 15,000円~

泥棒の3つの手口【防犯対策110番】

泥棒の3つの手口

泥棒は、その手口から次の3つに分類されます。

「空き巣」は、家人がいないときに侵入することで、一般的には家を留守にする人が多い昼間の2〜4時が発生のピークです。泥棒は下見をしていて、
そのお宅の状況を把握していることが多く、いつも留守になる時間を狙います。たとえば犬を飼っているからと安心していても、
毎日同じ時間に犬の散歩に行くと狙われることもあります。

「忍び込み」は、夜寝静まってから忍び込むことで、深夜2〜4時がピークです。

「居空き」は昼間、家人がいるのに侵入されるもので、昼間から夜まで、時間帯は決まっていません。なお、これは「居抜き」とも言われます。

 2006年の警察庁のデータでは、空き巣が44.5%、忍び込みが10.9%、居空きが3.0%です。

カギをまめにかけるのを習慣に

 居空きは、ちょっとした注意で防ぐことができます。無人の部屋の窓を開けっぱなしにしない、玄関や勝手口のドアには、必ずカギをかけるなど、日ごろから注意をしましょう。

 空き巣や忍び込みの侵入方法で一番多いのが「無締まりのところから」です。

 ゴミ捨てに行くときや、ちょっとそこまで買い物に行くとき、すぐ戻るからといった油断は禁物です。

 また2階以上の窓だからといって、カギをかけずに出かけたり、寝たりするのも危険です。

 昇る足場があればベランダなどから侵入します。マンションは屋上から降りてくることもあります。2006年の警察庁のデータでは、共同住宅の4階以上でも侵入窃盗犯の侵入口の43.5%が窓です。3階以下だと65.3%にもなります。

  また小窓だから、面格子がついているからといって、カギをかけずにいるのも危険です。

 泥棒は常にスキを狙っているので、必ずカギをかける習慣をつけることが大切です。

見通しのよい家に

 塀に囲まれたり、植木でまわりから見えにくい家、夜暗がりになるドアや窓は、玄関のカギを破ったり、 窓ガラスを割って侵入されやすい傾向にあります。

 できれば植木を切って見通しをよくするなどの対策をする、あるいは防犯カメラやセンサーライトなどをつけるなど、しっかりとした防犯対策が必要です。

 そのほか、合いカギを鉢の下などに隠しておくのもタブー。2階に上がる足場があるのも危険です。

近所のコミュニケーションが大切

 泥棒の多くは、近所の人に見られたり、声をかけられると、あきらめて退散するようです。

 侵入する家を下見したり、物色するとき、自分の行為を見られるおそれがないか、道行く人やまわりの家のようすなどもチェックしています。

 近所の人と気軽に挨拶する習慣をつけるだけでもちがいます。

 空き巣に入られて金品の被害だけでもいやなものですが、犯行中に家人に発見されて居直り強盗に豹変する可能性もあります。

 日ごろの用心とともに、防犯対策をしっかりしているように、泥棒に思わせることも重要なポイントです。